簿記2級 対策

Image Replacement

検定対策法

日商簿記2級は、商業簿記に工業簿記が加わって2科目になります。

商業簿記は、すでに経理の仕事や事務関係でお勤めの方なら比較的イメージできると思います。また、3級を受けられた方はしっかり基礎を学んだことでしょう。

ですから、日商簿記2級でポイントになるのは工業簿記です。

工業簿記という言葉自体、私たちは普段あまり耳にすることはありません。
毎回、この工業簿記で苦戦する受験者は多く、慣れるまでに時間がかかる科目だと言われています。

しかし、一度理解さえしてしまえば、比較的簡単に問題が解けてしまうのが工業簿記の特徴です。まずは丁寧に基礎を理解し、全体像を把握することからはじめましょう。


また、日商簿記の試験は、仕分けした項目を計算する作業が入ってきます。
仕分けの仕方、解き方などは、勉強していけば理解できるようになりますが、計算に関しては慣れなくてはいけません。

そのため、日商簿記2級の対策法としては仕組みや仕分け方法を早めに理解し、あとは問題演習を繰り返すことになります。

そのほか細かいことですが、試験では計算機を使って集計するので、普段から計算機に慣れるようにしましょう。
簿記の試験で不合格になる人のパターンの多くは計算間違いです。

普段の勉強から正確に計算するクセをつけておくことが大切です。